葬儀のことについて知っておき、スムーズに行えるようにしましょう。

種類について

納骨堂には、いくつか種類があります。大きさなども異なってくるので、自分の家にあった種類を購入しましょう。また、最近では都心に存在するマンションタイプの納骨堂もあるので、霊園などよりもアクセスがしやすいです。

以前と違う埋葬方法

埋葬方法のひとつとして、散骨というものがあります。散骨とは、骨を細かくなるまで砕いて、山や海などに撒く埋葬方法です。従来の方法と比べ埋葬にかかる金額が少ないだけではなく、お墓を見守る必要がありません。

進化しているお墓

夫婦墓という新しい形式のお墓があります。

夫婦墓というのをご存じでしょうか。 その名の通り、夫婦二人で建立し、夫婦で眠るためのお墓です。 最近では少子化や核家族化で先祖代々、お墓を継承していくという考え方が変わってきています。遠方の実家の墓には入りたくない、子供や子孫に墓守の負担をかけたくない、そんな人が増えてきているのです。 夫婦墓はこのような考え方に応える形で出来た、新しいタイプのお墓です。 霊園によって様々なタイプの夫婦墓があります。中には法要を遺族に代わって行ってくれるところもあり、後継ぎとなる子孫に負担をかけることはありません。 お墓に刻まれる名前も家名ではなく、夫婦の名前にすることも出来ます。 生前、共に人生を歩んだ二人が亡くなった後も、夫婦として二人で眠るためのお墓です。

様々な種類の形式があります。

まだまだ、少ない夫婦墓ですが、永代供養の一つとして少しずつ広がってきています。 埋葬形式も、石塔タイプ、納骨堂タイプ、樹木葬タイプ、石碑タイプと色々あります。必ずしも夫婦墓が永代供養となっている訳ではないので、事前に霊園に確認が必要です。 戒名や名前を墓石に刻む場合も、名前を刻む場合は建立と同時に二人の名前を刻めます。戒名を刻みたい場合は、最初に先に亡くなった方の戒名を刻んでおいて、後から亡くなった方の戒名は、亡くなった時に刻みます。 実家の墓ではなく、夫婦だけで墓に入りたいという希望から生まれた夫婦墓。 今後、ますます進む高齢化、少子化によってその需要は広がっていき、さまざまな形の夫婦墓が増えることが予想されます。

選ぶ方法とは

告別式などに参加してもらった人に、遺族の方は香典返しを渡す必要があります。その選び方としては、タオルといった形に残るようなものではなく、日本茶といった後に残らないものの方がいいとされています。

葬儀の豆知識

葬儀はパーティーのような華やかな場ではないので、普段とは違うマナーとなります。そのため、宗派にならって葬儀を準備するようにしましょう。また、葬儀の費用を抑える方法として直葬があるので、費用を抑えたい人は直葬をしましょう。

整理をするときは

遺品整理をする際、注意深く見ておきたいのが遺言書です。遺言書には、遺産を相続させる相手などが書かれていることがあるので、とても重要なものです。また、仏壇など処分が難しいものは、専門業者に依頼しましょう。

Copyright (c) 2015 葬儀のことについて知っておき、スムーズに行えるようにしましょう。 all reserved.